はじめてピアノに触れる

はじめてピアノに触れる

1814年、4歳になったショパン少年ははじめてピアノに触れました。

ショパンは母や姉からピアノを教わり、姉ルドヴィカが弾く練習曲を誰にも教わらずに弾きこなすほど、子供の頃からピアノの才能に満ちあふれていました。

» 次の記事:ショパンの最初の音楽教師として雇われたヴォイチェフ・ジヴニー

« 前の記事:ショパンの家族構成、父親・母親・兄弟・姉妹

ショパン:24の前奏曲集
アルゲリッチ(マルタ)
B000I0S8FQ