初めての作曲と楽譜出版「ポロネーズ ト短調」

初めての作曲と楽譜出版「ポロネーズ ト短調」

ヴォイチェフ・ジヴニーからピアノを教わったショパンは、早くも7歳で最初の作曲をしました。

ショパンの最初の作曲は、幼少の頃から母が歌ってくれて大好きだったポロネーズでした。

「ポロネーズ ト短調」と「ポロネーズ変ロ長調」の2曲。

父親ニコラは、この曲を譜面に書き取り、「ポロネーズ ト短調」は11月に出版されることになりました。

» 次の記事:ラジーヴィウ宮殿で初めての公開演奏

« 前の記事:ショパンの最初の音楽教師として雇われたヴォイチェフ・ジヴニー

ショパン名曲100
ダン・タイ・ソン オムニバス(クラシック)
B000E1KNBQ