ワルシャワ音楽院に入学し、「マズルカ風ロンド」を作曲

ワルシャワ音楽院に入学し、「マズルカ風ロンド」を作曲

1826年7月、ワルシャワ高等中学を卒業したショパンは、9月にワルシャワ音楽院に入学しました。

ワルシャワ音楽院は1822年からショパンの音楽の先生であったエルスナーが設立し院長を勤める学校です。

ショパンはワルシャワ音楽院で「マズルカ風ロンド」を作曲しました。

この「マズルカ風ロンド」は、1824年に過ごしたシャファルニャ村での思い出が色濃く繁栄し、ポーランドの古い音楽・民族的な作風となりました。

ちなみに、マズルカとはポーランドの民族舞曲のことで、19世紀の舞踏会で流行りました。

マズルカはショパンの作品の中でも多く、59曲もあります。

ロンドとは舞曲(ダンス曲)の1つで輪舞曲とも言われます。

» 次の記事:妹エミリアが亡くなる

« 前の記事:夏休みにシャファルニャ村の友人の別荘に滞在

永遠のショパン
ブーニン(スタニスラフ) オムニバス(クラシック)
B002SVPMQQ
↑ 試聴できます!