コンスタンツィアに初恋、胸の思いを「ワルツ 変ニ長調」に

コンスタンツィアに初恋、胸の思いを「ワルツ 変ニ長調」に

ワルシャワ音楽院の同級生のコンスタンツィアに恋をしました。これがショパンの初恋と言われています。

コンスタンツィアは声楽科のオペラ歌手で、ショパンの初恋の人とも言われています。

しかし、内気なショパンは、その想いをコンスタンツィアに打ち明けられませんでした。

そこで、胸の想いを曲にこめて「ワルツ 変ニ長調」を作曲しました。

19歳のショパン

19歳のショパン
Photo quoted from Wikipedia

» 次の記事:ワルシャワ音楽院を卒業し、オーストリアのウィーンに旅行

« 前の記事:ドイツのベルリンへ初の海外旅行