「芸術の都」フランスのパリに到着

「芸術の都」フランスのパリに到着

ウィーンから旅だったショパンは、1831年9月末にフランスのパリの到着しました。

地図:パリ

フランス・パリはオースリア・ウィーンと違い、ポーランド人のショパンを快く受け入れてくれました。

ポーランド人も多く住んでいたので、祖国ポーランドの情報もたくさん入ってきました。

そして、ショパンはパリで多くの有名な音楽家や芸術家、そして貴族と知り合うことになりました。

その結果、自身の音楽性を高めるとともに、音楽家として地位も築くことができました。

パリでショパンが親しく交友を持った音楽家・芸術家には次のような人々がいます。

フランツ・リスト
1811〜1886年
ハンガリーの作曲家
超絶技巧のピアノ演奏が人気で「ピアノの魔術師」と呼ばれ、貴族のサロンでも大人気だった音楽家。
ショパンはパリに着くと、リストとはすぐに仲良くなった。

ハイネ
1797年〜1856年
ドイツの詩人
ショパンと同じ1831年にフランスの7月革命に影響を受けてパリに移住。
祖国ドイツの革命を臨んだハイネは、祖国ポーランドを思うショパンを理解できた人物。

メンデルスゾーン
1809〜1847年
イタリアの作曲家
ショパンとの始めての出会いは1828年のドイツ・ベルリン旅行の時でした。

カルクブレンナー
1785〜1849年
ドイツの作曲家

ロッシーニ
1792〜1868年
イタリアの作曲家

ケルビーニ
1760〜1842年
イタリアの作曲家

» 次の記事:プレイエルホールでパリでのデビュー演奏会を開く

« 前の記事:故郷ワルシャワがロシア軍に陥落される