プレイエルホールでパリでのデビュー演奏会を開く

プレイエルホールでパリでのデビュー演奏会を開く

1832年2月26日、ショパンはプレイエルホールでパリでの初の演奏会を開きました。

これがショパンの演奏家としてのパリでのデビューになりました。

プレイエルホールはフランスのピアノ製作会社プレイエル(PLEYEL)が経営していたホールです。

プレイエルのピアノはショパンが愛したピアノとして有名です。

パリに着いたショパンは、生活のめどはついていませんでした。

というのも、パリではショパンはあまり知られていなかったからです。

しかし、このプレイエルホールでのデビュー演奏会の成功によって、ショパンの名前はパリの著名な評論家、作家、作曲家などに広まることなりました。

» 次の記事:ロスチャイルド家の夜会がきっけでパリ社交界の花形ピアニストになる

« 前の記事:「芸術の都」フランスのパリに到着