ロスチャイルド家の夜会がきっけでパリ社交界の花形ピアニストになる

ロスチャイルド家の夜会がきっけでパリ社交界の花形ピアニストになる

ショパンは大富豪として有名なロスチャイルド家の夜会での演奏をきっかけに、パリ社交界の花形ピアニストになりました。

ロスチャイルド家はイギリス出身の銀行家でヨーロッパで一番のお金持ちでした。

ショパンはこのロスチャイルド家の夜会をきっかけに、パリの上級階級の人々と付き合うようになり、社交界の花形ピアニストになりました。

上級階級の娘にピアノを教えレッスン料をもらえたので、経済的にも豊かになりました。

その結果、ショパンの生活は大きく変化し、高級アパートに住み、使用人を雇い、自家用馬車まで所有するようになりました。

» 次の記事:チェコのカールスバートで両親と再会

« 前の記事:プレイエルホールでパリでのデビュー演奏会を開く

ショパン:夜想曲全集
アシュケナージ(ウラジミール)
B00005FL2N

体内時計とは

金融日誌 株式、投資信託、FX、証券会社、住宅ローンなどの最新動向を配信