チェコのカールスバートで両親と再会

チェコのカールスバートで両親と再会

1835年8月15日、ショパンは両親と久しぶりの再会を果たしました。

ショパンがポーランドを出たのは1830年11月2日なので、実に4年10ヶ月ぶりの再会です。

両親と再会した場所は、チョコの温泉保養地カールスバートという街でした。

地図:カールスバート

なぜ、ポーランドの隣国チェコで再会したかというと、パリにいるポーランド人はロシア大使館で旅券(パスポート)を更新する命令が出ていたのですが、ショパンは更新しませんでした。

その結果、旅券が無効になってしまい、ポーランドへは帰れなくなってしまったからです。

そこで、ショパンの両親がポーランドの隣国チェコまで出向いてくれたのです。

ショパンは両親とカールスバートで約3週間を一緒に過ごしました。

この時、ショパンが両親と再会できた喜びを表して作った曲が「華麗なる円舞曲 変イ長調 作品34-1」と言われています。

そして、残念ながら、これ以降ショパンと両親は会うことができませんでした。

» 次の記事:ヴォジンスキ家の娘マリアに恋心を抱く

« 前の記事:ロスチャイルド家の夜会がきっけでパリ社交界の花形ピアニストになる

別れの曲~ショパン名曲集
アシュケナージ(ヴラディーミル)
B001RRX39A
↑ 試聴できます!