ジョルジュ・サンドと初めて知り合う

ジョルジュ・サンドと初めて知り合う

1836年という年は、ショパンがマリアに結婚を申し込んだ年でもありますが、と同時に、その後の生涯の多くを共に過ごすジョルジュ・サンドと初めて知り合う年でもありました。

ショパンは友人の音楽家フランツ・リストの愛人である マリ・ダグー伯爵夫人のサロンでジョルジュ・サンドと初めて知り合いました。

ジョルジュ・サンドはショパンより6歳年上の有名なフランスの女優作家で、ジョルジュという男性名を使って男性の格好をしていました。

また、恋多き女性としても名が知られていました。

今まで女性といえばほとんど貴族のお嬢様しか知らなかったショパンにとって、自由気ままに生きる大人女性ジョルジュ・サンドは新鮮に見えました。

» 次の記事:結婚を申し出たマリアとの恋が破綻&マリアの手紙の束「わが悲しみ」

« 前の記事:マリアに結婚を申し込み、母親に条件付きで受け入れられる

のだめカンタービレ 巴里編
モーツァルト
B001DNF70Q
↑ 試聴できます!