パリで最後の演奏家

パリで最後の演奏家

1848年2月、ショパンはパリのプレイエルホールで6年ぶりとなる演奏会を開きました。そして、これがパリでの最後の演奏会となりました。

地図:パリ

前年、9年ほど連れ添ったジョルジュ・サンドとの恋が終わり、ショパンの気力は落ち込み、体調もさらに悪くなってしまいました。

それでも、生活のために弟子たちにピアノを教え、作曲も続けていました。

1848年2月16日、ショパンは友人たちに誘われてプレイエルホールで演奏会をしました。

この演奏会には王室一家をはじめパリのエリートたちで埋め尽くされました。

ショパンはこの演奏会で、「チェロ・ソナタ」をオーギュスト・フランコムと合奏し、さらにヴァイオリンのデルファン・アラールを加え、モーツァルトの「三重奏曲 ト短調」を演奏しました。

ショパンの演奏会は2週間後にもう一度企画されましたが、実現はしませんでした。

» 次の記事:イギリスでヴィクトリア女王の前で演奏

« 前の記事:ジョルジュ・サンドとの別れ