モーリス・ラヴェル:鏡

モーリス・ラヴェル:鏡

10巻からは舞台はフランス・パリ。

留学でパリに来た千秋とのだめ。

千秋の親類が所有しているアパルトマン(アパートのこと)に住むことになった2人。

日本と同様、またまたお隣さんに。

このアパルトマンは音楽学生に優先的に貸していて、部屋にはピアノが置いてある。

千秋が「なんか弾けよ。パリ到着記念だ。」とのだめに言うと、のだめはラヴェルの「鏡」を弾き始める。

モーリス・ラヴェル:鏡

Sviatoslav Richter plays Ravel "Miroirs"

この曲はラヴェルがパリの若い芸術家仲間たちに捧げた曲。

同じアパルトマンに住んでいたフランクとターニャは、ピアノの音を聞きつけ、千秋に部屋にやってきた。


マイケルジャクソンの伝説 マイケル・ジャクソン伝説の50年の音楽人生の軌跡と真実

低糖質ダイエット