ミハイル・グリンカ:ルスランとリュドミラ序曲

ミハイル・グリンカ:ルスランとリュドミラ序曲

千秋と一緒に「プラティニ国際指揮者コンクール」の3次予選まで通過した日本人の片平。

ジャンプする独特の指揮法が魅力。

そんな片平の3次予選の課題曲はグリンカの「ルスランとリュドミラ序曲」。

ミハイル・グリンカ:ルスランとリュドミラ序曲

Glinka: Ruslan & Ludmilla Overture (Mariinsky 2007 Gergiev)

片平のジャンプする指揮法を見て、のだめは「ウキャ〜」と喜ぶ。

千秋も「片平のようにもっと音楽を楽しもう」と思う。

そして、千秋と片平は共に3次予選を突破し、ジャンと3人で本選(ファイナリスト)へ。