バッハ:<平均律クラヴィーア曲集>第2巻 第14番 嬰ヘ短調 BWV883

バッハ:<平均律クラヴィーア曲集>第2巻 第14番 嬰ヘ短調 BWV883

学校でシャルル・オクレール先生の授業を受けるのだめ。

シャルル・オクレール先生は「バッハの平均律をやろうか」と言う。

※ 平均律・・・近似的な音程お平均して実用しやすくした音律。

バッハ:<平均律クラヴィーア曲集>第2巻 第14番 嬰ヘ短調 BWV883

Prelude and Fugue No. 14 in F sharp minor, BWV 883, from Bach's WTC Bk II, Gulda pianist

バッハの平均律クラヴィーア曲集は、長調と短調のすべての調性を用いて作られた前奏曲(プレリュード)とフーガ全24曲からなる作品集。

バッハはこの作品によって和製理論、厳密な対位法規則を適用し、平均律による鍵盤楽器の表現の可能性を追求した。