ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ<悲愴>

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ<悲愴>

アパルトマンで千秋にピアノの指導を受けるのだめ。

演奏している曲はベートーヴェンの「ピアノ・ソナタ<悲愴>」。

この曲は千秋が初めてのだめのピアノを聴いた曲。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ<悲愴>

Beethoven Sonata no. 8 Pathetique - 2nd Movement in A flat major


Freddy kempf - Pathetique Mov 2


Beethoven:Piano Sonata No.8 in C minor 2.Mov. W.N?nni Klavierunterricht Hamburg

相変わらずデタラメに弾くのだめに対して「お前、どういう解釈してこの曲弾いているだ?」と訪ねる千秋。

のだめは次のような独自の解釈を千秋に説明する。

『実感が新築した時、2階に玄関ができて、引っ越し中、何度も会談を上り下りしなきゃいけなくて、悲しい顔をしているおじいちゃんとおばあちゃんなんです。
階段の下りは上りより楽なんで、長調のところは気持ちいいです。でも、結局疲れ果てて、この第1楽章のさいごはまた短調でイヤになって終わるんです。』

この解釈を聞いた千秋は「お前はアナリーゼまで独創性豊かだなぁ〜!」と関心する。