シューマン:春

シューマン:春

千秋がはじめて指揮する「ルー・マルレ・オーケストラ」定期公演の2曲目はポール・デュカスの交響詩「魔法使いの弟子」、そして3曲目はシューマンの「春」。

シューマン:春

Robert Schumann: Symphony No.1 in B flat majot Op.38 "Spring" I.Andante-Allegro PART I.

しかし、「ルー・マルレ・オーケストラ」の演奏は「春」というより「真冬」のような演奏に・・・。


納得できない千秋だったが、観客は拍手をしてくれた。


改正貸金業法の影響 改正貸金業法の影響とは?

家賃が払えない