モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 k.310

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 k.310

のだめ初リサイタル後のパーティーにて、とうとうターニャも演奏することに。

しかもピアノソロ。演奏した曲はモーツァルトの「ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 k.310」。

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 k.310

Sviatoslav Richter plays Mozart Sonata in A minor, K 310

この曲はモーツァルトには珍しく悲哀と感傷がこもった短調の名曲。

パーティーであえて短調の曲を選んだターニャに対して、「パーティーでやる曲ですかね?」と言う人もいれば、ターニャのネットリとしたロマンチックな演奏を聴いて「いいじゃないですか、ああいうモーツァルトも」と言う人もいる。

ターニャ、実力発揮!