アンドレ・ジェリヴェ:バソン協奏曲

アンドレ・ジェリヴェ:バソン協奏曲

千秋が常任指揮者を勤めるフランスの「ルー・マルレ・オーケストラ」がオーディションを開催した。

黒木くんや「ヤキトリオ」のバソン奏者ポールもオーディションを受けることに。

「ルー・マルレ・オーケストラ」はバソンではなく、ファゴット奏者を募集していたが、ポールはバソンを持って登場。

そして、母親にピアノ伴奏をしていもらい、アンドレ・ジェリヴェの「バソン協奏曲」を演奏する。

アンドレ・ジェリヴェ:バソン協奏曲

Jolivet Bassoon Concerto Mvmt. 1

千秋はポールの演奏を聴きながら、次のように語る。

フランス式バソンとドイツ式ファゴット。キーも多く完成度の高いファゴットに比べ、バロック時代からほとんど変わっていないバソンはキーも少なくコントロールが難しいが、鮮明で多彩な音色、豊かな表現力を持っている。

しかし今、世界中のオケの主流はファゴット。バソンを使っているのはフランスの一部のオケだけ。

しかも、うちのオケも今期からファゴットになろうとしている。

ポールはバソンを「ルー・マルレ・オーケストラ」に残そうと奮闘。

そして、めでたく合格!黒木くんも合格!


かっこいい英単語 海外ニュースサイトから、かっこいい英語・英単語をご紹介

登山 セロトニン