ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調

ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調

世界的に有名な指揮者・シュトレーゼマンがメンバーを選んだオーケストラ「Sオケ」。

しかし、練習にはシュトレーゼマンは姿を現さなかった。

そこで、急遽、千秋が練習の指揮をすることに。

この時の練習曲として使った曲がベートーヴェンの「交響曲第7番 イ長調」。

ベートーヴェンの中でも最も正統的な技法で作曲された交響曲。

ベートーヴェン:交響曲第7番 イ長調

横浜国立大学管弦楽団/第34回定期演奏会 1980年5月14日@神奈川県立音楽堂 山岡重信指揮 横浜国立大学管弦楽団

Karajan - Beethoven Symphony No. 7

この曲が入っているCD・DVD

ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》&7番
ベートーヴェン ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 クライバー(カルロス)
B002GKRTQA

↑試聴できます!

ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 作品92 [DVD]
クライバー(カルロス)
B0006GAWT2

↑ 入手困難な歴史的名演、記憶に残る天才指揮者の美しき記録!