ドヴォルザーク:交響曲 第5番

ドヴォルザーク:交響曲 第5番

ニナ・ルッツ音楽祭で学生オケが演奏する曲はドヴォルザークの「交響曲 第5番」。

しかし、シュトレーゼマンはパーティーで飲み過ぎてダウン。。

そこで、弟子である千秋がシュトレーゼマンの代理で練習の指揮をすることに。

千秋はここで音楽誌「クラッシック・ライフ」の記者に目を付けられることに。

ドヴォルザーク:交響曲 第5番

Dvorak I1 Symphony No 5 in F major, Op 76 I Allegro ma non troppo

二日酔いが治ったシュトレーゼマンは、音楽祭の最終日にこの曲を指揮して、なんとか成功のうちに幕を下ろした。

この曲が入っているCD

ドヴォルザーク:交響曲第3番&第5番
ドヴォルザーク チェコ・フィルハーモニー管弦楽団 ノイマン(ヴァーツラフ)
B000XQ9IQI
↑試聴できます!


ネット宅配レンタル ネット宅配レンタルのメリットについて詳しく解説

車中泊 駐車場の傾斜対策