エドワード・エルガー:ヴァイオリン・ソナタ

エドワード・エルガー:ヴァイオリン・ソナタ

叔父さんの家で眠れなくて、リビングでバッハの「マタイ受難曲」を聴いている千秋のところに、のだめもやってきた。

リビングにある大量のレコードやCDを見たのだめは、ピアノを弾きたいと言い出す。

そして、千秋にはヴァイオリンを弾けと言う。

千秋は「どーせやるならこの曲がいい」と言い、のだめに1枚のCDを聴かせる。

この曲は千秋が音楽好きなジイさんに最後に弾いた曲。

そして、ピアノのだめ、ヴァイオリン千秋でエドワード・エルガーの「ヴァイオリン・ソナタ」を演奏する。

エドワード・エルガー:ヴァイオリン・ソナタ

Edward Elgar - Violin Sonata in E minor - 1st Movement, Allegro

エルガーは戦時中に「威風堂々」みたいな行進曲を作ったから盲目的愛国主義者(ジンゴイスト)なんて言われて、大衆からそっぽを向かれた不遇の時代があった。

作風も古典的で保守的で、「音楽なんてきらいだ」と言って、競馬やクリケットの話ばかりをしたがった孤独な老人だった。

でも、千秋のジイさんはエルガーの古典的で単純な音楽が好きだった。


タンポン

生命保険の選び方 生命保険を賢く選ぶために知るべきこと