ロベルト・シューマン:マンフレッド序曲 変ホ短調 Op.115

ロベルト・シューマン:マンフレッド序曲 変ホ短調 Op.115

千秋がニナ・ルッツ音楽祭で知り合ったメンバーと新たに組んだオーケストラは「R☆Sオーケストラ」と名づけられた。

「R☆Sオーケストラ」は「ライジング・スター オーケストラ」と読み、峰が命名。

そして、とうとう「R☆Sオーケストラ」の初公演の日がやってきた。

峰の親父が音楽誌に大々的に広告を出してくれたので、会場には多くの人が集まり、有名な評論家や演奏家までやってきている。

「R☆Sオーケストラ」の初公演の1曲目はシューマンの「マンフレッド序曲 作品115」。

ロベルト・シューマン:マンフレッド序曲 変ホ短調 Op.115

Manfred by Schumann

この曲は、バイロンの詩劇「マンフレッド」に付けられた序曲。

人生に悩むロマン派時代の典型的人物だったマンフレッド。

彼に共感したロマン派音楽代表格シューマンが生涯ただ1曲書いた劇付随音楽。

苦悩と絶望と激動の人生が込められ、最後に地下の国で捨てた妻の霊に救われるマンフレッド。