ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲 第1番 Op.35

ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲 第1番 Op.35

マラドーナ・ピアノ・コンクールの三次予選で、のだめの後に注目株の瀬川悠人が登場。

瀬川悠人が演奏するのはブラームスの「パガニーニの主題による変奏曲 第1番 Op.35」。

ブラームス:パガニーニの主題による変奏曲 第1番 Op.35

Brahms Variations on a theme by Paganini Op.35. Alexander Romanovsky

審査員たちは「和音の響きもいいし、変奏部分の叙情性もよく出ている。よく弾きこんできたって感じだね」と評価。

のだめと違い、安定した演奏を見せる瀬川悠人。