ヨハネス・ブラームス:交響曲第一番 ハ短調 Op.68

ヨハネス・ブラームス:交響曲第一番 ハ短調 Op.68

初公演でシューマンのマンフレッド序曲モーツァルトのオーボエ協奏曲 ハ長調を演奏し、会場から拍手の嵐を受けた「R☆Sオーケストラ」。

そして、とうとう最後の曲に。

初公演の締めの曲はブラームスの「交響曲第一番」。


ヨハネス・ブラームス:交響曲第一番 ハ短調 Op.68

Karajan - Live In Tokyo '81 - Brahms Symphony 1,Ⅰ- Part 1

「交響曲第1番」は、完成までに20年を超える歳月を費やしたといわれるブラームスの最初の交響曲。

1876年にカールスルーエにて初演。

「ベートーヴェンの第9に続く作品」という意味で、ビューローに「第10」と評された。

※ハンス・フォン・ビューロー・・・19世紀後半に近代的指揮法の祖とされているドイツ指揮者。