ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章

ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章

マラドーナ・ピアノ・コンクールの本選での、のだめ3曲目。

最後の3曲目はストラヴィンスキーの「ペトルーシュカからの3楽章」。

のだめは最初は軽快に演奏していたが、途中で頭が真っ白になり、演奏が途切れてしまう。

そして、その後は得意の作曲・・・。

3曲目にして、のだめの集中力は途切れてしまった。。。

のだめのはじめてのコンクールが終わる。

ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章

Pollini, Three movements from Petrushka {Part 1/2}


Pollini, Three movements from Petrushka {Part 2/2}

以下、千秋によるこの曲の解説。

人形使いの笛の音で命を吹き込まれた3体の人形が、謝肉祭で賑わうペテルブルクの観衆の中でぎこちなく踊り始める。

人形遣いに蹴飛ばされ、牢獄のような小屋に放り込まれてしまう道化師(ペトルーシュカ)。

人形に対する怒りと恐怖、手に届かないものを想う幸福感。

そして、謝肉祭。

夢と現実の区別がつかなくなった道化師の哀れな最期。


銀行カードローン はじめて銀行カードローンやキャッシングでお金を借りる時に知るべきこと

お得な保険の見分け方